携帯・デジカメ

2017年6月12日 (月)

iOS 11ダウングレード方法詳しくご紹介|iPhoneダウングレードガイド

不具合の我慢はこれまで!自宅でiOS 11ダウングレードしたい!

待ちに待ったiOS11が公開された!今回大きく進化され、新機能を一刻も早く試してみたい人は今ようやくiOS11にアップグレードできる。が、より高速な動作スピード、より便利な新機能を楽しむ同時に、不安定と不具合でとても困る。iOS11新機能とiOS11不具合両方も考えた結果、やはりiOS11バージョンダウンして、iOS10に戻すことにした。ではこれからiPadとiPhoneをダウングレードする方法とiOSダウングレードできない不具合を避けるように準備をご紹介してあげる。

iOS 11ダウングレードする前、データをバックアップしよう

かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! 各データの編集、削除などの管理も手軽に完成!MacX MediaTransで、毎日をもっと楽しく、もっと自由に。

Mac版フリーダウンロード     windows版フリーダウンロード

iOS11バージョンダウンする前にチェックすべくことと準備

バックアップ

iOSをバージョンアップする前にバックアップすることを強くオススメする。iOS11にアップしてからバックアップしたファイルはiOS10に利用できないので、iOS 11ダウングレードしたらiOS10で作成したバックアップファイルが必要である。でもバックアップしておいたファイルがなくても、iOSデータ管理ソフトでバックアップして、iOS10に転送することも可能である。

iOS10が署名発行されているかないか確認

iOS10に戻すことは、アップルはiOS10を署名発行中にできるので、iPhoneをダウングレードする前にiOS10が署名発行されているかないかと確認してください。iOS11が公開されたばかりに署名発行されるが、いつか署名発行されていなくなり、iOSダウングレードできないようになってもおかしくないと思われている。

ネット接続

iOS11バージョンダウンする時にiOS10に関するファイルをダウンロードしたり、認証とアクセスを取ったりして、ネット接続が必要である。ネットに繋がらないと、iOS 11ダウングレードは中止になり、最悪の場合に失敗してしまい、文鎮化されてしまう。この場合を避けるために、iOS10に戻す前にネット接続を確認して、作業中にネットから断つことにならないようにしてください。

Mac PC/Windows PCとiTunesを最新バージョンにアップ

iOS11が最新なiOSバージョンので、歴史バージョンのiTunesだったら不具合があったり対応できなかったりするおそれがある。その結果、iPhoneダウングレードは失敗に決まっている。また、最新版のiTunesがうまく動作するために、PC OSも最新版にアップしてください。

頼りできるLightningケーブル

iPhoneあるいはiPadをパソコンに連携して、パソコンでiTunesを利用してiOS 11からダウングレードするという方法であるため、iPhone/iPadはパソコンに検出されないとiOSダウングレードできない。また途中に連携ができなくなったら失敗するので、頼りできるケーブルを利用してください。

レップトップとiPhone/iPadエネ確認

iOS11バージョンダウンする時に急に中止されたら失敗になる。もちろんエネ切れになったらすぐ中止になる。iPhoneとiPadがパソコンと連携すると充電になるが、レップトップの場合にパソコンとiPhone/iPad両方もエネ切れの可能性があるので、レップトップは充分充電されていると、確認してください。

iOS10のIPSWファイル

iOS10のシステムファイルであるIPSWファイルが必要である。検索したらiOS10各バージョンのIPSWファイルがダウンロードでき、それを用意してください。が、IPWSファイルがダウンロードできるとしても、今そのバージョンが署名発行中とは言えないので、確認してください。iOS11不具合への対処方法まとめ>>

データ損失しないよう、iPhoneをダウングレードする前にバックアップ

iOSをアップグレードする時にデータが消去される場合が少ないが、iOS11からiOS10に戻す時にデータ損失がよくある。iOS11にアップグレードする前のデータも損失する時もある。それに、iOS11にアップグレードした以上、iTunesでバックアップしてもiOS10に利用できない。この時はMacX MediaTransを利用すれば、iPhoneとiPadに保存される写真、ビデオ、音楽、電子書籍、オーディオブックなどをiTunesライブラリではなく普通のファイルとしてバックアップできる。バックアップしたファイルは普通に再生したりすることはもちろん、iOSバージョンを問わずに転送することも簡単かつ高速で実現できる。

気楽にiPhoneをバックアップする方法>>

Mac版フリーダウンロード     Windows版フリーダウンロード

iTunesを利用してiOS10戻す方法ご紹介

バックアップしたらiOS11バージョンダウンする。iPhoneのエネとWifi接続をもう一度確認したらこれからの手順でiOS 11をダウングレードする。

ステップ1:iPhone側の設定を行う。(iPadも)

「設定」アプリを開けて、「iCloud」に「iPhoneを探す」をオフにしておく。そして、設定アプリにより、iOSバージョンの自動更新を無効にしておく。

ステップ2:パソコンと連続する。

パソコンでiTunesを起動する。そうしたらLightningケーブルでパソコンとiPhoneダウングレードしたいデバイスと連携する。

ステップ3:デバイスをリカバリモードにする。

まず電源ボタンを長押しでデバイスの電源を切る。そうしたら3秒電源ボタンを押して、押しているままにホームボタンを10秒間押す。そうしたらホームボタンを押しているままに電源ボタンから離す。そうしたらiTunesのポップアップメッセージで「iTunesはリカバリモードのデバイスを見つけました。」と表示される。

ステップ4:ダウンロードした復元ファイルによるiOS復元する。

ご覧のように「iPhoneを復元...」と書かれたボタンがある。WindowsユーザーはShiftキーを押しながらこのボタンをクリックする。MacユーザーはAlt/Optionキーを押しながらこのボタンをクリックする。そして、先ダウンロードしたファイルを開く。

「復元」ボタンをクリックすればiPhone ダウングレードが始まる。しばらく待てばデバイスが再起動する。ここまではiOS10戻して、あとはデータの復元やアプリを再インストールなど。

2016年8月22日 (月)

【新バージョン】iFunBox iOS 10対応できない対応策!初心者向けで簡単!

iOS10バックアップ iFunBoxというフリーなiPhoneデータ転送ソフトで試したら不具合が多くて、iFunBox 認識しない時もある。また、Post Error messageとDisplay Error messageでiFunBoxアプリが正常に動作できないこともよくある。特にiFunBox iOS 10対応できなさそうで、iOS10にアップしたiPhone6とiPhone6s、またiOS10搭載なiPhone7 iFunBox失敗してしまう。ではiFunBox iOS 10からデータを転送したいならどうすればいいか。まずデータ転送する方法に問題があるかないかと確認しよう。

iFunBoxアプリの使い方:まず手順を確認しよう

まずはiFunBoxをダウンロードして、インストールする。最新バージョンをインストールすると確認してください。また、インストールする時に言語を日本語に選択することができる。

ステップ1:トピックを選択する。

iFunBox Macで開けて、iPhoneをパソコンに連携する。そうしたらご覧のようになる。標記されるところにトピックを選択する。写真ならカメラで、また「RAW ファイルシステム」ですべてのファイルを選択できる。

ステップ2:ファイルを選択する。

標記されるところでMacパソコンにiPhoneファイル 転送したいファイルを見つけて、選択する。同じフォルダにある複数のファイルを選択することができ、右クリックしてすべてを選択することもできる。違うフォルダにあるファイルを転送する場合に別々に転送する。

ステップ3:Macへコピーする。

標記されるボタンをクリックして、選択したファイルをMacパソコンにコピーする。

iFunBox iOS 10に対応できない対応策:MacX MediaTrans

実はiFunBoxはフリーソフトなので、リリースされていない。ゆえに最新バージョンiOS10バックアップ iFunBoxは今対応できないままである。また、フリーソフトなので、いつリリースか、iFunBox iOS 10対応できる前にどれほど待つかと、はっきり言えない。ならば、iPhone7 iFunBoxでなくてほかのiPhoneデータ転送ソフトを利用すればどう?今iFunBoxアプリがiOS10対応できないとできるMacX MediaTransというソフトを利用しよう。最新なmacOSも対応でき、iOS10も対応できる。iFunBox iOS 10搭載なiPhoneが対応できないにたいし、MacX MediaTransが完壁に対応、またiOS10搭載されるiPad、iPodも対応できる。また、MacX MediaTransがもっと頼りできるので、iFunBox 認識しないような問題がなくなる。ではこれからこのiFunBoxアプリ代わりソフトを利用してiOS10データ転送する方法をご紹介してあげよう。

iPhone7 iFunBoxでなくMacX MediaTransでデータ転送する方法

まずはMacx MediaTransダウンロードしてインストールする。起動して、次のように見える。

MacパソコンにiFunBox 認識しないiPhoneを連携してください。このiPhoneがはじめてこのパソコンに差し込む場合に、「このコンピューターを信頼する」と選択すると求められる。そして、指示の通りにiTunesを設定して、「了解」と書かれたボタンをクリックして、ソフトの機能選択界面に進む。

ステップ1:機能対応なウィンドウを開く。

標記されるところで機能を選択する。画像/写真を転送するか、動画を転送するか、音楽を転送するかと、対応なボタンをクリックしたら、対応なウィンドウがになる。また、緑で標記されるボタンをクリックして保存先などが設定することができる。

これからiPhoneから音楽を転送する方法を例にして、Macx MediaTransの使い方をご紹介してあげよう。

あわせて読みたい

iFunBox iOS 10から写真や動画などを転送する方法もほぼ同じであり、もっと詳しい知りたいとこの二つの記事を読んでください。

iPhoneファイル 転送できる方法ご紹介:写真編

iPhoneファイル 転送できる方法ご紹介:動画編

ステップ2:転送したい音楽を選択する。

iOS10バックアップ iFunBoxで転送したい音楽の前にチェックをいれて選択する。「すべてを選択する」にチェックを入れてあらゆる音楽を選ぶことができる。

この時に音楽の関連情報を編集したり、プレーリストを作成したり管理したりことができる。

ステップ3:iOS10から動画を転送し始める。

「エクスポート」と書かれたボタンをクリックすれば選べられたiPhoneで保存される音楽をMacに転送し始まる。

Tips:「最新の情報に更新」と書かれたところにクリックするとiPhoneから再び読み込みするので、なにかミスがあってやり直したいと、「同期」と書かれたボタンを押さないままでここでクリックすればいい。

あわせて読みたい

音楽を iPhoneファイル 転送する方法より詳しくご紹介>>

2016年3月10日 (木)

あなたに最適なDVD コピー無料ソフトをニーズによって選択するガイド!

DVDバックアップするならDVD コピー無料ソフトにしよう!

映画を買うとDVDディスクがもらえる今、映画好きな人は誰でも山ほどなDVDがある。DVDディスクはもちろん安いし、持ちも便利だし、今まで映画などを記録には必ずDVDディスクとも言える。これよりの代わり用品も今まで無さそうである。が、映画を一回だけ見たいなら映画館に行くので、DVDディスクはやはりどんな時でも何回も見れるために買ったものであろう。が、DVDディスクが壊れやすいので、先にDVD コピー無料ソフトを使ってそのDVDバックアップしないと、いつか汚されたり壊されたりして再生できなくなる可能性が高い。が、DVDコピーガードや出力ファイルといった要因で、DVDをコピーすることは複雑になり、DVDコピーフリーソフトも様々ある。ただ「DVD コピー無料ソフト」をキーワードとして検索したら出てくれる結果は60万件ほどある。この60万のページで紹介してくれるDVDコピーソフト比較して、自分がDVDバックアップする時にDVDコピーガード解除するかしないか、出力するのは動画かISOイメージかといったニーズに満足してくれるソフトはどれか、その中に一番使い心地がいいDVDコピーフリーソフトを見つけるとは、想像するだけで苦戦になるとわかる。特にDVD コピー無料ソフトのことをあまり知らない初心者にとって、DVDコピーソフト比較する前に一つ一つ了解するだけでより一層面倒になる。

実はDVDバックアップソフトはそんなに複雑ではない。DVDコピーフリーソフトなら有料版より単純で、機能も簡単であるので、大体同じようである。違うのはDVDコピーガード解除できるか、解除できるが何種類解除できるか、出力ファイルは動画かISOイメージか、あるいは両方でも出力できるかと、ほかにも日本語対応できるかというところにある。またシステムによってWindowsで動作できるDVD コピー無料ソフトとMacで動作できるDVDコピーフリーソフトという二種類ある。DVDをコピーする前にどんなDVDバックアップ無料ソフトを使うか迷っていると、自分のニーズをはっきりわかったら選択する。

各無料なDVDコピーソフト比較して、ニーズによって選択!

説明:まず自分のニーズをはっきりわかること。例えば「私のパソコンはMacです」「単なるDVDバックアップして、後はDVDディスクに焼きたい」「市販DVDをコピーしたいが英語が苦手」のようなニーズ。

DVD コピー無料ソフト


DVD コピー無料ソフト

ニーズそれぞれ合うDVDコピーフリーソフトご詳説!


MacX DVD Ripper Mac Free Edition


DVD コピー無料ソフト

対応システム:Mac
出力形式:動画
コピーガード対応:可能
日本語対応:可能


Mac環境に一番全能で強力なDVD コピー無料ソフトである。ほとんどのDVDコピーガードが解除でき、動画ファイルとして出力できる。DVD CSS, ソニーArccOS、RCEリージョンコード、UOPs 、APS、Disneyムービーコピープロテクションなどのコピーガードを解除して、MOV、MP4のような動画ファイルにDVDをコピーしたりすることはその主な機能である。また、音声抽出や、ある程度の編集やiTunesに転送する機能もある。が、ISOイメージにDVDバックアップする機能が無料版にはない。


MacX DVD Ripper Mac Free Edition使い方>>
Mac版ダウンロードWindows版ダウンロード

Handbrake


DVD コピー無料ソフト

対応システム:Mac、Windows
出力形式:動画
コピーガード対応:不可
日本語対応:不可


DVDコピーガードに保護されないDVDをコピーしたいならHandbrake。このDVD コピー無料ソフトでDVDを動画に変換することに優れた機能が持っている。設定などはどんなソフトより自由に、明快に操作できる。また、このDVDコピーフリーソフトならMac、Windows、それにLinux環境まで対応できるので、どんなシステムのユーザーでも利用できるが、どんな環境でも日本語バージョンがない。このソフトを利用してISOイメージまでDVDバックアップすることができない。または暗号化されたDVDも対応できない。


Handbrake日本語化方法>>

DVDFab HD Decrypter


DVD コピー無料ソフト

対応システム:Mac、Windows
出力形式:ISO、DVDディスク(Windowsバージョンのみ)
コピーガード対応:可能
日本語対応:可能


DVD コピー無料ソフトであるが有料のDVDコピーソフト比較できる強い力がある。今までのDVDコピーガードならすべて解除でき、MacでもWindowsでも完壁に動ける。また、DVDディスクにDVDをコピーすることは、このDVDコピーフリーソフトのWindows用バージョンは直接に完成でき、Macバージョンならシステムの機能を利用すれば完成できる。が、残念ながら今はこのソフトでDVDバックアップすることができるが動画までのリッピングする機能がない。DVDディスクが傷によわいのでDVDバックアップするが、バックアップしたものもディスクの形ならやはり心配。


DVDFab使い方>>

Winx DVD Ripper


DVD コピー無料ソフト

対応システム:Windows
出力形式:動画
コピーガード対応:可能
日本語対応:可能


Windows環境なら一番オススメのDVD コピー無料ソフトである。ほかのDVDコピーソフト比較すればこのソフトはほぼ全部のDVDコピーガードに対応できるので、市販DVDも完壁にコピーして動画ファイルに変換することができる。iPhoneなどのデバイスに変換することも対応できる。が、ISOイメージにDVDバックアップすることはその対応なプレミアム版にアップしなければできない。これがこのフリーソフトの唯一のデメリットとも言える。


DVDshrink


DVD コピー無料ソフト

対応システム:Windows
出力形式:DVDディスク
コピーガード対応:可能
日本語対応:不可


Windows環境に定番と言われるDVDコピーフリーソフトで、日本語版提供することがあったが今著作権の問題で提供していない。動画ファイルまでDVDをコピーすることができないが、DVDディスクまでの変換に素晴らしい機能がある。映画DVDを空DVDバックアップするには簡単にDVDコピーガードを解除してコピーできる。また、ほかのDVDコピーソフト比較したらこのソフトには特有な機能がある。それは2枚の映画DVDディスクを1枚の空DVDディスクに取り込む機能である。


DVDshrink日本語化方法>>

2015年12月10日 (木)

2016 Apple新製品まとめ! iPhone7といったApple次期新商品の情報を全て!

2016アップル新製品:iPhone7?4インチiPhone?次世代iPad Pro?全てが注目される!

注目されているアップル社は来年にどんなApple次期新商品を発表するかと予測するのは、既に毎年年末の定番のようなことになった。それにしても今回の2016アップル新製品には楽しめるところがいろいろある。新iPhoneが三つのデバイスからなっているそうで、4.7インチと5.5インチのiPhone7以外に、4インチのiPhone6cも2016年に発表する予定。意外なことに、今回の2016 Apple新製品まとめに新iPadも入ってくる。もちろん今で見ればiPad Proが完壁のようなデバイスであるが、技術と時代とともに発展しているユーザのニーズにおいて来年iPad Proも進化されるのも可能性がある。また、Apple次期新商品に新しいMac PCも含める可能性もあるが、具体的に新しいMacbookかMacbook Airの進化デバイスかと、今は明らかにならないままである。これまで毎年のようにアップグレードされるiOSとMac OSも進化されるそうである。詳しいことは、この2016 Apple新製品まとめをご覧ください!

2016 Apple新製品まとめ

2016 Apple新製品まとめ:もっと薄く、もっと強いiPhone7

2016アップル新製品にもっとも期待されるものと言えば、やはりiPhone7である。今は新iPhoneの噂がたくさんあるが、一体何が実現できるのかと分からない。信じられるのは今回も4.7インチと5.5インチのデバイスがあり、iPhone7とiPhone7 Plusという二つの機種で、シルバー(銀)、ゴールド(金)、スペースグレイ(灰色)の機体が選択でき、もしかしたらローズゴールド(ピンク)と赤も選択できる。また、デザインも大きく変わるともいう。iPhone4のデザイナーでデザインすると、両面ガラス機体になるかも知れない。そうであると、全金属機体で不可能になってしまうウェアレス充電も可能となる。搭載されるのはA10コアで、RAMは3GBになるという説もある。iPhone7のソケットに防水措置があるので、機体が水にもっと強くなると予測される。が、注目されたHomeキーを取り消すことなら、技術で実現できないので、新iPhoneにHomeキーは依然としてある。が、取り消すのは3.5mmイヤホンジャックである。もっと薄くなるために充電コンセントでイヤホンと連続する。それは本当ならば、いままで全てのイヤホンがiPhoneに連続できなくなり、充電しながら電話をかけたり音楽を聴いたりするはできなくなる。なんといっても充電中にイヤホン使わずに電話かけるのも音楽を聴くのも実は危ないことである。このiPhone7が2016年秋のアップル発表会で公開するが、その前に公開可能な2016アップル新製品がある。それが4インチの新iPhoneである。

2016 Apple新製品まとめ

2016 Apple新製品まとめ:4インチ新iPhoneがついに世を問う?!

iPhone 6が公開されたから、新しい4インチの噂はいつも盛んでいる。が、今年iPhone 6sが発表された時に、4.7インチと5.5インチだけあり、4インチのiPhone情報はちっともなかった。ならばこの噂の4インチ新iPhoneが来年発表になってしまう。2016アップル新製品情報によると、iPhone 6cという名前なら来年の2月で発表するかも知れないが、iPhone7cという名前なら来年秋の発表会でほかのApple次期新商品と一緒に公開される。もしiPhone 6cであったら、2016アップル新製品に一番目のデバイスになる。全金属機体で、1136x640画素のスクリーンが搭載されるそうで、カメラは800w画素で、Touch IDもサポートできる。また、A9コアが搭載する可能性もある。今回の4インチ4インチ新iPhoneが金、銀、黒という三つの機体色が選択でき、価格は最安400ドルで、最高500ドルになる。

2016 Apple新製品まとめ

2016 Apple新製品まとめ:Apple Watch2がiPhoneから離れる可能?

Apple Wearと言えばまずApple Watchであろう。でも今年、Apple Watchが発売された一年後、期待されたApple Watch2に関する情報は依然として少なくて、明らかにならないままである。が、Watch OSが更新された今は、その新機能から見ればApple次期新商品に進化された新しいApple Watchがある可能性が高い。また、内部情報で、Apple社は今新しいApple Watch用スクリーンが用意しているそうで、2016アップル新製品にApple Watch 2がある可能性が非常に高い。それに今回の新Apple Watch 2には初代Apple Watchよりもっといいスクリーンが搭載される。カメラもあるそうで、FaceTimeでライブチャットすることができるようになる。また、Appl WatchはiPhoneに依頼過ぎるという一番大きいなデメリットに対し、ある程度な進化がある。が、バッテリー持ちの方がアップされないおそれがある。Apple Watch 2を買っても毎日のように充電することも必要である。

2016 Apple新製品まとめ:新型iPadはiPad Air3かiPad Pro2か?

Apple次期新商品にiPadがあるかどうかとは今言えないが、その可能性がある。iPad Airは2014年で更新されたから2016アップル新製品発表会までは2年になり、もし新しいiPad Airがないと、再来年にiPad Air2は三年前のデバイスになり、もう時代に遅れた。また、発売したばかりのiPad Proは素晴らしいが、初代iPad Proであるため、いくつのデメリットがある。故にアップル社は進化版iPad Proを開発するのも賢いであろう。iPadを買おうとする人は、これに関する情報をしばらく待てばもしかしたらお得であろう。

2016 Apple新製品まとめ:新しいMacBookはどうなるか?

2016アップル新製品なら絶対に注目するのはやはり新しいMacbook!改めてデザインされたMacbook Airは15インチになる可能性は多くの人にワクワクさせる。2016年のMacbook Airは今までのMacbookより薄くなり、軽くなる。また、12インチのMacbookがほしいなら新しいMacbookを待てば?Macbook Airよりの薄さも、最新のハードウェアとシステムも、この新しいMacbookを買う理由になれる。が、Apple次期新商品に新Macbookと新Macbook Air二つを含めるか、その一つだけ発表するか、今ならはっきり言えないが、今のMacbookは絶対値下げするとは言える。

2016 Apple新製品まとめ:Apple次期新商品で必ずアップグレードされるOS

毎年にアップル社はシステムをバージョンアップする。今年はiOS9Mac OS 10.11で、来年はiOS10とMac OS 10.12であろう。その時にiPhone7と4インチ新iPhone、新iPadでiOS10を楽しめるであろう。ユーザが利用しないプリインストールされたアプリを隠す機能があるかも知れない。Mac OS 10.12ならMac PCで利用できる。今回の新システムにsiriがあるという噂がある。また、2016アップル新製品と言えば何年ぶりに更新されていないApple TVもソフトの原因で発売遅れた。2015年にもストリーミング放送などで放送会社との協力は順調に進めなかった。でも今の状況なら2016年にApple TV 新型が公開する可能性が高い。

その他のカテゴリー